ミサンガに文字を編みこもう。3色を使う編み方を紹介します

スポンサードリンク

ミサンガに文字を編みこんでみましょう。今回は縦巻き編みと横巻き編みをつかってミサンガをつくっていきます。

縦巻き編みと横巻き編みはミサンガに文字や模様を編みこむときに使われる編み方です。編み方をマスターしたら自分で編み図を作ってオリジナルミサンガを作ることもできます。

では、作ってみましょう。

文字入り3色ミサンガの材料をそろえよう

刺繍糸(背景2色、文字1色。背景の本数はミサンガの太さによります。文字は1本です。)

セロテープもしくはバインダー(編み始めに糸を固定するのに使います)

ピンセット、目打ちなど(編み間違えたときに使います。あると便利です)

スポンサードリンク

縦巻き結びの編み方

縦巻き結びの編み方 参照

文字入りミサンガを編んでみよう!

文字入りミサンガをつくる場合は、編み図を作りましょう。方眼紙やエクセルなどでドット絵を作ります。背景をたて糸、文字をよこ糸にします。

下の図の場合は、たて糸を2色にしています。背景色を横巻き結び、文字の白色を出すときに縦巻き結びにしています。

ミサンガ 文字 編み方 3色

 

 

 

 

引用先http://blog.livedoor.jp/fuppan/

応用編でこのような編み方もあります。

背景と文字の色の糸を下図のように交互に並べます。編み図にしたがい編んでいきます。編み方と編み図を下図にのせます。

ミサンガ 文字 編み方 3色 応用

 

 

 

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

ミサンガ 文字 編み方 3色 応用編

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

編み終わるとこんな感じになります。

ミサンガ 文字 編み方 3色 応用編

 

 

 

 

 

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

まとめ

いかがだったでしょうか。縦巻き結びと横巻き結びを使った方法と、4つの結びをつかった方法をご紹介しました。

はじめて文字入りミサンガを作るときには縦巻き結びと横巻き結びを使った方法が取り組みやすいと思います。

文字や数字の図案をエクセルや方眼紙などで作ったら、あとは図案にしたがいひたすら編んでいくのみです。ぜひ作ってみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ