エスニック柄のミサンガの作り方

スポンサードリンク

エスニック柄のミサンガを作ってみませんか。4つの編み方を組み合わせることでエスニック柄のような複雑な柄のミサンガを作ることができます。ぜひチャレンジしてみてください。

エスニック柄ミサンガの材料をそろえよう

刺繍糸(3色12本の糸を使います。赤2本、黒6本、白4本)

セロテープもしくはバインダー(編み始めに糸を固定するのに使います)

ピンセット、目打ちなど(編み間違えたときに使います。あると便利です)

スポンサードリンク

4つの編み方を覚えよう

複雑な模様ですが、次の4つの編み方を組み合わせて模様を作っていきます。編み方と図案上のマークを下図に示します。

灰色が巻き糸、白色が芯糸です。

巻き糸を芯糸に結んだあと、糸を逆側か同じ側に持ってくるかで結び方を変えています。

左から左→右(左側にあった巻き糸が結ぶと右糸へ)、

右→左(右側にある巻き糸を左側になるように結ぶ)、

右→右(右側にある巻き糸を結び終わったあとも巻き糸は右側に)、

左→左(左側にある巻き糸を結び終わったあとも巻き糸は左側に)と糸に位置が変わっているのがわかります。

ミサンガ エスニック柄 作り方

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

エスニック柄ミサンガをつくろう

糸を配置して、下図の編み図にしたがい編み進めます。

最初の1段は左から2本目の黒糸を芯糸、1本目の赤糸を巻き糸にして左→左、4本目の白糸を芯糸、黒糸を巻き糸として左→右、というように編み進めます。

ミサンガ エスニック柄 作り方

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

編み終わると下図のようになります。

ミサンガ エスニック柄 作り方 完成

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

もっと複雑な模様を編んでみましょう。

16本の糸を使います。黒6本、茶2本、黄1本、オレンジ2本、赤2本、緑2本、水色1本を下のように配置して編み図に従って編んでいきましょう。

ミサンガ エスニック柄 作り方 編み方

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

編み終わるとこのようなミサンガができあがります。

 

ミサンガ エスニック柄 作り方 編み方 完成

引用先http://friendship-bracelets.net/index.php

まとめ

いかがだったでしょうか。今回はエスニック模様の編み方を2種類ご紹介しました。

4つの編み方を使えばエスニック模様のような複雑な模様のミサンガを編むことができます。

模様を編む編み方としては縦巻き編みと横巻き編みを使う方法がありますが、4つの編み方を使う方法は糸の本数と色を自由に設定することでどんな複雑な模様も編むことができるという利点があります。複雑な模様にもぜひチャレンジしてみてほしいと思います。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ