平編みで作るミサンガ。編み始めから工夫が始まります

スポンサードリンク

平編みは他の編み方と違い、簡単ですぐにマスターできます。チャームをつけたり、止め結びからの三つ編みをしたりなどなど、編み始めからさまざまな工夫をこらすことができます。

それでも糸を何本もつかって作るほかの編み方と違い、初めてつくる場合でも1時間もあればできあがります。

では、作り方をご紹介しましょう。

ミサンガの材料をそろえよう。

刺繍糸、ヘンプ糸など(2本~)。

セロテープ(ミサンガを編むときに糸を固定するのに使います)

ピンセット、目打ちなど(目を詰めるのに使ったり、編み間違えたりしたときに使います。あると便利です)

チャーム、ビーズなど

スポンサードリンク

編み始め。チャームをつけてみよう。

チャームに芯糸を通すことでチャームに取り付けることができます。通し方は2通りありますのでご紹介します。

見出し(チャームの糸通し部分が2つある場合)

チャームの穴に芯糸をとおします。チャームの位置は糸の中心にして芯糸を2本にします。

ミサンガ 平編み 編み始め

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://hatorich.com/

下のようにビーズを通すと出来上がりがきれいになります。

ミサンガ 平編み 編み始め 通す

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://hatorich.com/

編み始めます。

ミサンガ 平編み 編み始め q

 

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://hatorich.com/

 

チャームの反対側も同じように芯糸を取り付け同じように編んでいきます。

止め結び、三つ編み、そしてまた止め結び

一般的な編み始めです。平編み以外の編み方でも使う編み始めです。
糸を3本準備します。

糸の根本を止め結びにして10cmほど三つ編みをしてまた止め結びにします。三つ編みは髪の毛を結ぶ三つ編みと同じです。

下のように芯糸を半分に折って、真ん中部分を三つ編みにするのもいいですね。

ミサンガ 編み方 編み始め ヘンプ

 

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://hemp.simplesign.info/

この編み始めの場合、編み終わりにボタンなどをつけて腕に巻いたときの留め具にできます。

まとめ

平編みのミサンガの編み始めの方法をご紹介しました。いかがだったでしょうか。

チャームや留め具をつけたり、三つ編みにしたりと工夫をしてみてください。

平編みは簡単で、ほとんど失敗がない編み方です。細めのミサンガですが、糸の太さや複数本で作ることでボリュームを出せます。

またアクセサリーをあまりつけることがない中学生男子へ、部活や受験のお守りとしてもうってつけです。

色でバリエーションを出すことは編み方上難しいですが、ミサンガにチャームやビーズを簡単につけると完成度があがり、お店で売っているみたいな出来上がりになります。

ヘンプ糸、ワックスコードなど刺繍糸以外の糸を使ってもいいですね。ぜひ、また作ってみてください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ