斜め編みでミサンガを作るとくるくると丸まってしまう。どうやったらいい?

スポンサードリンク

斜め編みのミサンガは4の字結びをひたすら繰り返すため、初めてミサンガを作る方にも取り組みやすいミサンガです。

ところが、斜め編みは同じ方向にひたすら結び続けていくため、ミサンガが丸まってしまうということがよく起こりです。これは斜め編みの性質上、避けられないものです。

ミサンガが丸まるのを直すために、どうしたらよいかまとめてみました。

ミサンガ 斜め編み 丸まる

強く結びすぎていませんか?

芯糸が見えないようにと、巻き糸を強く結びながら編むとねじれやすくなります。編み始めから丸まるようであれば、強く結びすぎです。

芯糸を引っ張る力を弱めるなど、リラックスしながら編みましょう。

固定の位置を変えながら編んでみましょう

ミサンガを編むときに、糸を固定します。その固定位置を編み始めの位置のまま編み続けていませんか?固定位置と編む位置が遠くなるにつれて、ミサンガがくるくると丸まりやすくなります。

ある程度編み進めたら、固定位置と編む位置がなるべく近くなるように、セロテープや押しピンなどで固定位置を変えていくとよいでしょう。

スポンサードリンク

丸まっている方向と逆方法にねじり返す

丸まってきたら編むのを中断して、丸まっている方向と逆方向にミサンガをねじり返します。くるくると強く丸まっているのであれば、ねじり返しながら伸ばしてみてもよいでしょう。丸まったのが直ってから編むのを再開します。

多少丸まっているだけであれば、編み終わってからねじり返して直すこともできます。

スチームアイロンをかける

丸まったままで編んでいき、最後にスチームアイロンをかけるという方法があります。ミサンガはアイロン面に比べて細く小さいため、やけどしないようにしましょう。

特に小学生のお子さんがアイロンを取り扱う場合は保護者の方は気を付けてください。

まとめ

丸まったミサンガをまっすぐに直す方法をご紹介しました。いかがだったでしょうか。まっすぐになりましたか?

みなさんのミサンガを作るきっかけは、部活の先輩の引退試合の勝利のお守り、大事な人や自分自身の願いのためでしょうか。ミサンガに乗せた思いが伝わるといいですね。

ミサンガ作りは奥が深く、編み方や色などなど、組み合わせには限りがありません。ぜひこれからもミサンガを作ってみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ