ミサンガの斜め編みを3色で作ってみよう!

スポンサードリンク

気取らないカジュアルなアクセサリーとして人気のミサンガ。

いろいろなお店で買うこともできますが、実は自分で簡単に作ることもできるのです!
友人へのちょっとしたプレゼントにも喜ばれますよ。

ミサンガは、細いものから太いもの、カラーも様々ですが、
願いごとをするという意味合いもありますので、
自分のお好みの色、プレゼントするお相手の好きな色などを選んで、
丁寧にお願いごとをしながら編んでいきましょう!

ミサンガ 斜め編み 3色

手作りで作っていくのって楽しいので、
きっと楽しくてハマってしまうと思いますよ!

ではさっそく、ミサンガの斜め編み3色バージョンを作ってみましょう!

使用するもの・材料

・1mくらいの長さの刺繍糸(お好みの色を3色×3本ずつ)
※ただし同じ色だったり、似たような色を選んでしまうと途中で混乱してしまうので注意が必要です。
・テープ
刺繍糸を固定する用です。

スポンサードリンク

斜め編み3色の作り方

1.結び目を作ります

刺繍糸をすべてまとめて、糸の先端から15cmくらい残して、玉結びをします。

2.ミサンガを固定します

机などにセロテープでミサンガを固定します。
結び目から上の部分を編む際にズレないよう机の端などに固定します。

3.模様にしたい順に刺繍糸を並べます

色がごちゃごちゃにならないように糸を並べて揃えます。
こん回の例では、左から青⇒赤⇒黄色の順番です。

4.ミサンガを斜め編みしていきます

左から2番目の糸を左手で軽く引っ張るようにして持ちます。
次に1番左の糸を数字の4の字のようにして、2番目の糸の上に重ねます。
重ねた糸を左から2番目の少し引っ張った糸の裏を通して引っ張ります。
※強く引っ張りすぎるとねじれてしまうので、隙間が出来ない程度で大丈夫です。

5.3と4を繰り返します

3と4の手順を繰り返します。
繰り返すことで、結び目が大きくなります。

6.次の糸に移動して同じように編みます

次の糸に移動します。編みはじめに1番左側にあった糸が4と5が終わると
左から2番目になっていると思います。
もともと1番左側にあった糸と左から3番目の糸で4~5を繰り返します。
編み方は3と同じ編み方ですね。

7.お好みの長さまで編みます

次の糸に移動してどんどん編んで行くと、1番左にあった糸が右にズレて行きます。
最初の一段が終わると、1番左側にあった糸が1番右側に移動していると思います。
イメージは1番左の糸がどんどん右に進んでいくような感じですね。

一段終わったら、次の段に進むので、
今度また1番左にある糸から同じように編んで行きます。

これをお好みの長さまで続けて行きます。
すると斜め編みができていくといった感じです。

8.お好みの長さまで玉結びをします

お好みの長さまで編み終えたら、最初と同じように玉結びをします。
端をそのまま切ってしまってもいいのですが、バサバサしてしまってまとまらないので、
三つ編みなどしてキレイにする方がいいでしょう。
ある程度の長さを三つ編みにして、また玉結びをしましょう。

9.お好みの長さでカットします

両端をお好みの長さにして、カットします。
ミサンガをつける際に短か過ぎるとダメなので、
少し余裕を持った長さにしてカットしましょう。
これでできあがりです。お疲れ様でした!

言葉足らずな部分が多いと思いますので、わかりやすい動画がありましたので、
こちらの動画も参考にして見てください↓

おわりに

いかがでしたでしょうか?ミサンガの斜め編みを3色でうまく作れましたか?

最初はあまりうまくいかないかも知れませんが、何度も同じように編んでいくので、
すぐにキレイに編めるようになると思います!

ミサンガの編み方で覚えておいて損はない編み方なので、
皆さんもいろいろな色を使って、何個も作ってみてくださいね!

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ