ミサンガ切れるまでの期間とは?あなたも実際に体験してみませんか?

スポンサードリンク

「ミサンガを身につけてから切れるまでに、どれくらいの期間がかかるのか」

この疑問を持つ人は非常に多いようですが、「ミサンガが切れた」という体験をした人が非常に少ないので、実は確実な期間はないに等しいのです。

引用元:http://flyfsa.com/

実際にミサンガが切れた人は、そのミサンガを身につけ始めてから、約3年経っていたそうです。

しかし、「ミサンガが切れた」という体験談が、とりあえずですがその人以外、見当たりません。

そうなると・・・どう考えるかです。

「ミサンガが切れると願い事がかなう」という話はいくらでもありますが、「ミサンガが実際に切れた!ホントに切れた!」という話は、極わずかしかありませんが、それくらいミサンガが切れるという出来事はめったにない事。

それくらい、ミサンガが切れた人は努力をしたんだ。という事だそうです。

ミサンガは刺繍糸で作られることが多く、この刺繍糸が「弱い」「強い」で意見が分かれることがあるようですが、日本国内の主要メーカーの刺繍糸は、かなりに頑丈です。

もちろん、束ねてある糸をばらして一本きりにすれば、強度が違ってきます。普通の手芸糸は、一本だけをぐるぐる巻いて売っていますが、刺繍糸は、10本前後(だったかな)を束ねた構造をしています。

必要に応じて4本束とかにバラして、太さを調整して使うのです。刺繍糸1本だけでは細すぎるので、めったに使いません。日本国内の主要メーカーの刺繍糸でミサンガを作った場合、かなりの強度が出るはずです。

それでは、いつまでも切れなくてミサンガにかけた願い事がかなわないじゃん!と思いますが、こういうことって、ミラクルというか「切れるときには切れる」のです。

そんなことが現実にあるのか?と思われるかもしれませんが、これはもう・・・

「あります!」としか、申し上げられません。

「切れるはずのないものが切れる」という奇跡。

あなたもそういう体験が出来るかどうかは、実際にミサンガ作って、試してみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ