ミサンガの付け方!輪っかなしのアレンジ方法とは?

スポンサードリンク

ミサンガをつけたサッカー選手や野球選手がステキなので、ミサンガを身につけるときは、なにか特殊な結び方をしなければならないのではないかと、錯覚してしまう人がいます。

しかし、ミサンガの付け方について、特殊なことは何もありません。

両端が一本の紐になっているタイプのミサンガの場合、いわゆる「真結び」で紐同士を結びつけることによって、身につけることができます。

真結びとは、日常生活で紐や風呂敷の端を結ぶ時のやり方です。

引用元:http://shikirabo.com/

右からスタートする場合は、右を左にかぶせて回すのを2回、左からスタートする場合は、左を右にかぶせて回すのを2回!

これをミサンガで行います。

ごく普通の結び方なので、ミサンガを結んだ気がしない・・・という感じ、ある意味、物足りないかもしれませんが、ミサンガを身につけたスポーツ選手が輝いて見えるのは、ミサンガで願い事をしたのをきっかけとして、その願い事を実現するために、毎日自分で考えて、行動しているからです。

逆に、どんなにファッショナブルなミサンガを身につけたとしても、グーたらな毎日を過ごしている人は、あんまりステキに見えません。

「ファッションではない!願い事のためにミサンガを身につけてるんだ。」と言うかもしれませんが、願い事の方も・・・難しそうです。

ミサンガを身につけた時は、結ぶ場所や結び方を工夫するだけでなく、スマートに、スタイリッシュにふるまうことも考えてみてください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ