ミサンガ足首用の男性用の長さとは?

スポンサードリンク

1993年のJリーグ開幕と共に、日本でのミサンガの歴史が始まりました。

「Jリーガーのラモスや北澤が身につけているから」と、サッカー選手を真似て、ミサンガを身につける人が爆発的に増えたのです。

この時サッカー選手がミサンガをつけていたのは、手首や足首でした。

引用元:http://trendpride.com/

身につけたミサンガがひとりでに切れたら願い事が叶う、というジンクスにかけたものです。

そこから現在も、スポーツ選手が足首にミサンガをつけることがあります。

サッカー以外のスポーツ、バスケットボールや野球の選手もミサンガをつけるようになっています。

スポーツのルールによっては手首にミサンガをつけてはいけないので、より足首のミサンガが普及したようです。

スポンサードリンク

現在では、学校の部活動の一部として、女子部員が男子選手のためにミサンガを編むというのも、
珍しいことではなくなっています。

この時問題になるのが、
「男性の足首につけるミサンガは、どのくらいの長さにすれば良いか」

こういう時には必ずと言っていいほど、「ミサンガをつける本人に聞けばいいじゃん」とか、「本人に足首のサイズを測ってもらえばいいじゃん」とか、ツッコミを入れる人が出てきます。

しかし、恥ずかしくて聞けないとか彼の足首を想像しただけで照れちゃうとか・・・笑

身長の個人差が大きいのと同じで、足首のサイズも個人差が大きいのですが、男性の足首につけるミサンガは、30cmの長さがあれば良いとされています。

それくらいの長さがあれば、ほとんどの場合大丈夫という事になります♪

長さが分かれば後はデザインのみです!

是非参考にしてみて下さいね♪

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ