ミサンガの色の意味!大人気グレー色ミサンガの意味とは?

スポンサードリンク

ミサンガには、グレーのような地味な色もよく使われています。赤やオレンジなど鮮明な色だけを使うのではないのです。

明るい色の隣に渋い色があった方が、色バランスが良い。ということもありますが、グレーのミサンガが人気なのは「仕事運を高める」と言われているからです。

引用元:http://amenohikobo.cocolog-nifty.com/

グレーは一般的には、無個性を意味し、個人の才能の発揮を抑える色だと言われています。

ところがグレーは、周囲の色彩に合わせて次々と表情を変える色でもあるのです。

同じ色のグレーでも、渋い色のとなりにあれば、シャープで元気な感じ!明快な色のとなりにあれば、ふんわり柔らかな雰囲気のグレーになります。

スポンサードリンク

ミサンガの場合、グレーは「環境に適応する能力が高い色」「柔軟性があり、どんな仕事にも対応できる」と解釈するのです。

ただし、グレーのような「明暗しかない色」は、ファッションにおいて最も難しい色彩と言われています。

陰影そのものみたいな色なので、使いこなすのが難しい。

ファッションセンスが良いかどうかは、グレーの使いこなし方で決まるとされているのです。
でも、神経質にならなくても大丈夫!日本はグレーの使い方が優れている国の一つです。

空色鼠・月白・鈍色・錫色・薄墨色・消炭色・・・

灰色を表現する単語が数多くあるのは、日本人の色彩感覚が優れているからと言われているのです。

よりこだわるには、糸の素材を替えるのがおすすめです。

マットで艶のないグレーの糸はどんより暗い雰囲気になりがち・・・。キラキラ輝く素材の糸を選ぶと、銀色っぽい輝きを放ちます。

赤や青・オレンジなどの他の色でも、ミサンガ専用として蛍光色や輝く素材で作った糸を売っていることがあります。

誰も持っていないオリジナルのミサンガを作りたいときは、色だけでなく、素材にもこだわってみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ