オリジナルミサンガ!イニシャルを入れる方法

スポンサードリンク

ミサンガは作っていると楽しくなって、どんどん作ってしまいたくなりますよね。

いろいろな柄に挑戦してみたら、自分専用のものが作ってみたくなることがあります。

自分なりのデザインを考える一歩として、イニシャルを入れてみるのがおススメです。

また、プレゼントなどにもイニシャルを入れるとオリジナル感が出て喜ばれます。

必ず文字の図案を作っておいてください。

 
ミサンガ イニシャル 作り方

引用元:http://kenken07.com/seikatu/2067.html

図案の作り方で細かいところの自信がなかったら、ドット絵を作成するアプリがスマートフォンなどにあるので確認してみてください。

イニシャルの文字の作り方

地になる色を出したい糸を一番左に置いて糸を並べます。

文字に出したい色はそれ以外です。

まず、地になる色で2段編みます。

 

引用元:http://kenken07.com/seikatu/2067.html

右から左へ編み進む場合は、鏡写しのように逆目編みになります。

また、文字を出したい色の部分は軸になる糸と巻きつける糸をかえて編みます。

基本は巻きつける糸の色が出ることになります。

 

スポンサードリンク
 

さらに、文字などの図案の場合は編んでからミサンガをひっくり返してみた方が、文字がきれいに見えることがあります。

よって図案を反転して作っておいてからその通りに編み進み、完成はひっくり返してみるのもいいかもしれません。

この理由からも、図案は必ず作っておいた方が頭が混乱しないで編めます。

好みになりますので、練習で少し作って地の編地と文字の編地の雰囲気を確認してみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ