ミサンガをつける場所で違う意味とは?

スポンサードリンク

ミサンガは作る糸の色に意味がありますが、つける場所にも意味があります。
せっかく願いを込めて作るのだから、正しい場所に着けて願いが叶う確率を上げてみましょう。

ミサンガ つける場所 意味

引用元:http://omj9.com/category/mi/

 

利き手―――愛情
利き手と逆―勉強
利き足―――友情
利き足と逆―金運

恋愛の願いを込めたい場合は、赤(恋愛)ピンク(モテ運・可愛い)オレンジ(希望)などの色の糸でミサンガを編み、利き手の手首(愛情)に着ける組み合わせになります。

違うニュアンスの意味を込めたい場合は、黒(好意)、緑(癒し)などの色をバランスをみて組み合わせてもいいですね。

また、ハート柄になるように編めば運気や確率が上がるかもしれません。

スポンサードリンク
 

他に、試験などで良い成績を上げたい場合は黄色(知識・学問)、白(落ち着き)、オレンジ(希望)の色の糸で編んだミサンガを利き手と逆の手首(勉強)に着ける組み合わせがいいかもしれません。

そこに意味を広げるなら黒(意志)や青(仕事)などの色も組み合わせてもいいかもしれません。

また、スポーツなどの試合で良い成績を上げたい場合は青(運動)、白(落ち着き)の色の糸で編んだミサンガを利き足の足首(友情)に着ける組み合わせがいいかもしれません。さらにチームプレーのスポーツなら黄緑(友情)なども加えてみるのもいいかもしれません。

他にも苦しい練習を続けられるように黒(意志)やオレンジ(パワフル・笑顔)の色を追加えると意味が広がります。

願いを込めて編んだものを身に着けていると、願いを叶えるための努力を継続する力がわいてくるかもしれませんね。
ミサンガにはそういった効果もあるのかもしれません。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ