ボタン付きミサンガの作り方!

スポンサードリンク

ミサンガは刺繍糸で作る時に編み始めや編み終わりをひも状にして、しっかりと結んでほどけないように身につける着け方が多いです。

でも、アクセサリー感覚でミサンガを着けるなら、できれば簡単にかわいく着けはずしができたらなと思います。

ミサンガにボタンを付けると、アクセントにもなりますし、留め具にもなる付け方がありますよ。

スポンサードリンク

ボタンの付け方

最初の編み始めを、付けるボタンがくぐるくらいの大きさの輪が作れるように、糸の中心の位置で三つ編みを作ります。
ミサンガ ボタン 付け方

輪ができたらひと結びし、本体を必要な長さで好きな編み方で編み進みます。
編み終わりに、ボタンをしっかりと通します。

ボタンをきつく結んだら、残りの糸を切ります。

または残しておいてもかわいいです。

輪の部分にボタンをかけたら完成です。

引用元:http://studiopacot.com/technique/ideas-to-fasten-the-bracelet/

ボタンもたくさん可愛いものがあるので、いろいろ付けてみてください。
引用元:http://rucca2005.blog33.fc2.com/blog-entry-136.html

また、ミサンガの途中で飾りとしてボタンを付ける付け方もあります。
ボタンが固定できますし、たくさんかわいいボタンを付けるとブレスレットのようになります。

このようなタイプのボタンを付けるなら

編む糸に通すところで、細い針金を折って糸を掛けます。

そしてボタンの穴に針金を通してから、針金を引いてボタン穴に糸と一緒にくぐらせます。

編地にキュっとそわせたら、また編み進んでいきます。

引用元:http://ameblo.jp/baiyasuya/entry-11825497835.html

かわいいチャームもたくさんありますので、ボタンと一緒に付けてみてください。

付け方はボタンと同じだったり、細いミサンガに通して日によっても替えてもいいですね。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ