3本を使った簡単なミサンガの編み方☆

スポンサードリンク

ミサンガを編んでみたいと思ったことはありませんか?

難しそうなものもありますが、簡単なものもあります。

一番基本的と言われる、刺繍糸を3本使う編み方をご紹介いたします。

ミサンガを編むときに使う刺繍糸は25番というものが主流です。

でも3本で編む場合は少し細く出来上がってしまうので太めの糸(番号が小さいもの)を使ったり、6本を3つに分けて編んでもいいかもしれません。

または手芸屋さんなどで売っている皮ひもや麻ひもを使ってみるのも丈夫でいいですね。

もしくは、その日のファッションに合わせて3本編の華奢な感じをで重ね付を楽しむのもいいかもしれません。

また、チャームなどを通すとおしゃれなブレスレットになります。

3本の簡単な編み方

作りたい長さの1.5倍+両端10cmずつの糸を3本(3で割れる本数)用意します。

糸をそろえて編み始めに玉結びを1つ作ります。

結び目をセロハンテープで留めたり、バインダーなどにはさんで動かないように固定します。

そこから三つ編みを作りたい長さまで編みます。

編み終わりに玉結びを作ります。

 

または編み始めに玉結びを作らずに固定して本体を編み、編み終わりにも玉結びを作らずに両端の糸を直接結んで本体を輪っかにする方法もあります。

ミサンガ 編み方 簡単 3本

引用元:https://nanapi.jp/103716

三つ編みでも、素材をいろいろ試してみると十分にかわいいです。

また、編み方がシンプルなのでチャームを引き立てます。

糸が4本や6本になっても簡単な編み方があるので、ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ