100均アイテムでも作れる!アンクレット作り方

スポンサードリンク

ミサンガもお守りとしてではなく、おしゃれアイテムとして着ける場合は華やかな色合いもいいですけれども、シックな色合いもまた違ってかわいいです。

素材を落ち着いた色の皮ひもにして足首に着けると、ミサンガには見えずにもうアンクレットにしか見えません。
ミサンガ アンクレット 作り方
引用元:http://www.primal-tokyo.com/?pid=46443661

季節を問わず、活躍しそうです。

でも皮ひもは作るとなると、材料費が高そうです。

ミサンガの良いところは安価な素材で楽しく手作りできるところにもあります。

スポンサードリンク
 

しかし、そう思う人は多いのか、有りました!

100円均一ショップで皮ひも風の素材が!

引用元:http://cafeetchocolat214.blog.fc2.com/blog-entry-13.html?sp

スエード調手芸ひもです。

カラフルな色もそろっています。

こちらを使って足首用のミサンガを作れば、立派なアンクレットになりそうです。

作り方も、刺繍糸よりはからまりにくく、また編み始めなどの処理もしやすいです。

スエード調ひも編み方

ひもをまとめてひと結びします。

三つ編みを必要な長さの分、編みます。

編み終わりをひと結びし、編み始めの結び目が通りそうな長さをおいて、またひと結びします。

とても簡単に着けたり外したりができるようになりました。

チャームを付けてもかわいいです。

アンクレットの場合は長く編むので、1本のひもを切って使うのではなく長いまま本数を揃えた方がいいです。

スエード調ひもは本物の皮ひもと違ってやわらかいので編みやすいですし、表と裏がないのであつかいも簡単です。

ざっくりと太めに編むのもスエード調ひもの素材が活かせます。
いろいろ挑戦してみてください。

引用元:https://locari.jp/posts/32062

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ