輪結びを使ってミサンガを作ろう。糸の本数をかえてアレンジしてみよう。

スポンサードリンク

輪結びでミサンガを作ってみましょう。

糸の本数を変えるといろいろなアレンジにつながります。

1つの結び方をつかって編んでいくので、初めてミサンガを作る方にもおすすめです。

一緒につくっていきましょう。

アレンジミサンガの材料をそろえる

刺繍糸

セロテープもしくはバインダー(編み始めに糸を固定するのに使います)

ピンセット、目打ちなど(編み間違えたときに使います。あると便利です)

スポンサードリンク

輪結びの編み方

輪結びの編み方 参照

糸の本数を変えてアレンジ

輪結びのミサンガは芯糸の本数を変えることで、ミサンガの太さを変えることができます。

本数を少なくすると細くなりますし、多くすると太くなります。

糸の本数と同時に、使う糸の色を増やすとミサンガの色を変えることができます。

巻き糸の色を変えながら編んでいくミサンガの作り方をご紹介します。

下図のように、今回は茶と紫と黒の3色の糸をつかってミサンガを作ります。

3本とまとめて止め結びにします。まず茶と紫を芯糸に黒を巻き糸にして編みすすめます。

ミサンガ 輪結び 本数

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://www.wikihow.com/

黒を巻き糸にして5回結んだら、次は黒と茶を芯糸にして紫を巻き糸にします。

茶色を巻き糸にする場合も同様です。

ミサンガ 輪結び 本数 糸

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://www.wikihow.com/

このように、巻き糸の色を順番に変えていくことで、3色の輪結びのミサンガが出来上がります。

色を増やしたいときには、糸の色を増やすといいでしょう。カラフルでボリュームのあるミサンガができます。

糸の本数を変える以外にも、細いミサンガをたくさんつくり、3つ編み、4つ編みをしたり、下図ように2本のミサンガをビーズでつないで1つのミサンガにしたりしてもいいですね。

ミサンガ 輪結び 本数 ビーズ

 

 

 

 

 

 

 

引用先http://makramexa.com/

まとめ

いかがだったでしょうか。今回は輪結びをつかったミサンガの作り方をご紹介しました。

糸の本数を変えることで太さを変えられます。

また、糸の色を増やすことでカラフルなミサンガを作ることができます。

輪結びはシンプルなので、糸の本数や色を変えることでどこまでもアレンジの幅が広がります。

ぜひ作ってみてください。

 

スポンサードリンク


コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ